Press "Enter" to skip to content

F1GPをハンガリーで直接観戦するメリットを説明します

ハンガリーのF1グランプリは、例年、7月の終わりから8月の始めの夏真っただ中に行われます。晴天には恵まれても、路面の温度が50度を超えることが多いため、高熱によるエンジンやブレーキのトラブルが心配される過酷なレースになります。コースの1周は4.381kmと短く、くねくねとうねっているので、オーバーテイクはなかなか見られないのですが、F1コースとしては非常に見晴らしがよいので広範囲にわたってレースを観戦することができるのが、ハンガリーGPならではの魅力です。というのも、サーキット場は丘陵の地形を削るようにして作られていて、丘陵の一番低い位置がサーキットの中心部になっているため、どの観戦席に座っても、かなり遠くのレースまで見渡せるのです。会場の8割近くを目で追えるハンガリーGPの現地観戦は、ぜひともおすすめです。

世界遺産を巡る楽しみもあるハンガリーF1のGP観戦

ハンガリーのF1の現地観戦は、周辺の観光まで存分に楽しめるところにも魅力があります。世界遺産の街とも呼ばれているハンガリーの遺跡や自然にも触れて観戦するF1は、感動を大きく焼き付けてくれるに違いありません。GPは、首都ブタペストに近いハンガロリンクで開催されるのですが、そのハンガロリンク観光は、ほぼ徒歩で周遊できるのです。歴史的な街並みと現代的な街並みの両方の魅力を持ち合わせているブタペストには、ゴシック建築が優雅な国会議事堂や、ドナウ川沿いにたたずむ世界遺産のブダの王宮、お城のような展望台の漁夫の砦等、観光名所が一つ所に集中しています。夜のライトアップされた街並みもきれいなので、フリー走行から予選、決勝へと進む3夜を含めて、ぜひ周辺観光も満喫する計画を立てましょう。

ハンガリーF1観戦は旅行パックがお得になるGP観戦ツアーがおすすめです

ハンガリーの首都ブダペストにはト国際空港がありますが、日本からの直行便はないため、トルコ航空やオーストリア航空を利用して、イスタンブールやウィーンから入国するようになります。宿泊で利用されるブダペストは、徒歩でも周遊を楽しめる便利な場所なので、個人で観戦券や航空券の購入から、宿の手配まですることもできます。しかし、お得に充実した観戦プランを楽しもうと思ったら、GP観戦ツアーへの参加がおすすめです。ハンガリーF1の観戦券は3日間通しの席になっていることがほとんどなので、観戦席の特徴をよく調べて申し込むとよいです。また、航空券を一緒に手配することで、観戦券が安くなるように設定されているツアーもあるので、どのような組み合わせが一番安くなるのか、各ツアーの特徴を比較してみるとよいです。

どんなF1観戦券も手配できますので、ご希望に合わせて観戦券を自由に選択出来ます。 将来的に、他のスポーツコンテンツも取り扱った観光ツアーも手配してまいります。 30歳ぐらいから70歳ぐらいまでのお客様が弊社F1ツアーのメイン客層となっております。 延泊・減泊などのアレンジも可能です。 当社のF1観戦ツアー会社は最安値ですが、値段以上にツアーのクオリティにも注目してください!F1観戦ツアーに参加するならWST|ハンガリーGP